伊織日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 見ないと損をする名作 ブリガドーン・まりんとメラン について

<<   作成日時 : 2007/04/02 13:05  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

 えー、コードギアスのことばかり書いてきましたが、ここでみなさんに知って欲しい作品があって書きます。
 
ブリガドーン・まりんとメラン

 ガオガイガーで知られる米たに監督、かみちゅ!やR・O・Dの脚本の倉田英之さん、ガオガイガーはもとより、コードギアスのキャラクターデザインの木村貴宏さんによるアニメです。
 舞台は大阪万博の頃、主人公は浅葱まりん、捨て子だった彼女は長屋の暖かい人々に囲まれ、いじめにもめげずに頑張っている女の子です。
 ところが、異世界ブリガドーンの姿が空中に浮かび、世界は一変してしまいます。そして、まりんを襲う敵、モノマキアが現れます。逃げるまりん。そして、彼女は神社に安置されていたアンプルに眠る銃剣士メラン・ブルーを蘇らせます。
 メランは手が剣と銃になっている銃剣士と呼ばれる存在で、ブリガドーンにいるマリーンを保護し、来るべきパスカの日を迎えて世界を救う役割を持っていました。彼はまりんを守るために襲いかかるモノマキアと戦い、傷ついていきます。
 
 まりんは人々から事件の元凶として疑われ、辛い目に遭い、育ての親を失ってさえしまいます。この中盤での彼女はあまりにも可哀想で、見ていて辛くなるほどです。
 
 しかし、物語は終盤にて大いに盛り上がります。地球からブリガドーン、さらにサブマトンカラーと呼ばれる世界、傷付きながらもまりんとメランの絆は強くなります。そして、再び地球に戻ったまりんは、長屋が焼失してしまったことに絶望し、視力すら失ってしまいます。

 モノマキアやかつての同士である銃剣士との戦い、傷付く心と体。しかし、絆だけは決してマリンを見捨てはしませんでした。

 詳しいことは見ていただく方がいいでしょう。わたしのつたない文章では、半分も説明できそうにありません。三銃剣士の誓いの復活のシーンは今でもジーンときます。そして、パスカの日、そして、離れていく二つの世界。

 最終話、最後のシーンは何度見ても涙が浮かびます。最高の絵にまりん役のKAORIさんとメラン役の大塚芳忠さんの熱演はそこいらの泣きゲーやアニメなどとは比べものにならない熱さがあります。
 
 あまり話題に上ることのない作品ですが、わたしにとっては最高の感動作でした。辛い話も多いのですが、最終話には見続けたことへの満足感と、生きていることへの感謝すらわき起こります。
 このブログにおいでになった方へ。
 この作品はいじめなどとの辛い話もありますが、是非とも皆さんに見て欲しい作品です。異世界から来た銃剣士メランと少女まりんとの心のふれあいは、見た目の幼さなど吹き飛んでしまうほどの愛と絆に包まれています。

 この作品を知らないことは、とても勿体ないことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レーシックの種類
近視矯正治療法の代表であるレーシックには、さまざまな方法があります。 レーシックを施術するクリニックによって、使用している医療器材や方法ももちろん違います。 ...続きを見る
レーシック情報なら
2007/04/02 17:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これ始めたら女釣れすぎwww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://darani9pi.net/raku/z3CIatLt
祖千ン
2008/07/19 23:56
オナ見だけの予定だったけど、ちゃっかり最後までフィニッシュwwww
だって下のお口がツユダクだったんだから挿れるしかないっしょヽ(゜∀゜)ノ
指マ&栗攻め→イラ魔チォ→騎乗→ナカ出シ
の黄金パターンでガッツリ楽しんできますたぁぁあぁヽ(´ー`)ノ

http://c-melon.net/ameban/ZnwkYF85
虎とら
2008/09/06 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
見ないと損をする名作 ブリガドーン・まりんとメラン について 伊織日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる